企業防災コンサルティング「スマートシェルタープロジェクト」

「スマートシェルタープロジェクト」とは

40年余にわたり防災・危機管理に向き合っている専門家であり、SSPJ顧問でもある渡辺実がコンサルティング・アドバイスを行う防災プロジェクト。企業内にプロジェクトチームを作っていただき、専門家と協働で防災計画を作る中で、会社組織と社員のみなさまが防災対策を「自分ごと」として捉える意識改革にもつながります。

 

作成された防災計画・防災マニュアルが、SSPJの定める「スマートシェルター認定基準」(11項目)を満たした場合、「スマートシェルター企業」として認定を行います。

 

ただし現時点では、あらゆる可能性を想定した詳細な防災マニュアルが作成されたとしても、その想定を超えてくるのが自然災害です。

では、想定外の事態が起きた際に、どのように判断し、行動すればよいのでしょうか。

SSPJでは、想定外の事態は常に起こる可能性がある、ということを<想定外の原理>として認識し、いかなる時も防災マニュアルが有効に活用されるよう、「スマートシェルター企業」に“防災マニュアルの使い方マニュアル”もお示しします。

 

 

SSPJ「スマートシェルター認定基準」

1.  十分な災害想定がされている
2.  ハード・ソフトの双方において命を守れる実効性を備えている
3.  災害直後の安全行動、避難場所、避難ルートが具体的で実効性がある
4.  家族やお客様といった全てのステークホルダーの命を守る視点が組み込まれている
5.  地域の住民をサポートする行動指針が組み込まれている
6.  災害対策本部が発災後に十分に機能する具体案を備えている
7.  二次災害の防止に向けた対策が組み込まれている
8.  事業再開に向けたフローが確立されている
9.  貴社の事業特性が反映された、貴社オリジナルの防災マニュアルになっている
10.  想定外の事態にも対応できる考え方が組み込まれている
11.  今後マニュアルのバージョンアップや訓練を重ねていくことが前提とされている

(以上11項目)

 

 

「スマートシェルター企業」認定実績

2017年7月4日、SSPJでは石坂産業株式会社を第1号「スマートシェルター企業」として認定いたしました。
第1号「スマートシェルター企業」認定
石坂産業株式会社Press Release

 

 

企業防災コンサルティング「スマートシェルタープロジェクト」に関するお問い合わせは
info@sspj.jp
までお願いいたします。