【西日本豪雨災害支援:スマートサプライで「TA Project 九州魂」さんのプロジェクト開始!】

【スマートサプライ:新プロジェクトご紹介】

 

連日の暑さの中、西日本豪雨災害の被災地では大変な状況が続いています。そんな被災地の一つである広島県江田島市に、福岡市から物資支援の車を走らせた、TA-Project九州魂様の「西日本豪雨災害支援プロジェクト」が本日立ち上がりました。

 

TAプロジェクト九州魂代表の吉田信一(よしだ のぶくに)さんの本業はお医者さん。2002年 福岡にももち浜クリニックを開設。翌年、東京南青山にエイベックスクリニックを開設。一般外来、在宅医療や在宅ホスピスを中心に診療し、アーティストやアスリートのメディカルサポートをされています。

 

2年前の熊本地震では、本震翌日から熊本入りし、今まで80回の炊き出し、医療支援、110トンの支援物資のお届け、歌や音楽などのエンターテイメントでの支援を続けてこられました。

 

「今回の豪雨災害は、復旧までに時間がかかることが予想されます。全国の皆さんのお力をお借りして、短距離をかけ抜ける支援ではなく、いわばマラソンと同じく長く根気よく続けていければと思います。どうぞご賛同頂ける方は、ご支援宜しくお願い致します。」とのことです。

 

出来る人が、出来ることを、出来る分だけやる。物資の最適支援、息の長い支援を目指し、スマートサプライもTA-Project九州魂様とともに頑張ってまいりたいと思います。

 

TA-Project九州魂様の「西日本豪雨災害支援プロジェクト

 

すでに江田島市に行った購入済み物資、そして次回現地が必要に迫られている物資をリストアップしてあります。こちらから、あなたがお好きなものを選び、お好きな数だけ購入支援をお願いします。